借金問題

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

借金問題を解決する特定調停による任意整理について

 

任意整理

 

法律に関することにはいろいろな専門用語があるので、借金について
インターネットで調べていると、よく意味の分からない言葉
が出てくることも多くなっています。

 

 

 

特定調停や任意整理というのも専門用語なのですが、
どのような意味なのでしょうか。

 

特定調停とは

 

どちらも借金問題に関する言葉なのですが、特定調停というのは借金を返済
するのが難しい、もしくは返済できていない人の申し立てで、簡易裁判所が
借金をした人と、お金を貸した業者や個人との間で話し合いを仲裁し、

 

 

 

借金返済への解決を働きかけて元の借金がない
生活に戻せるように支援することです。

 

任意整理とは

 

任意整理というのは、弁護士に相談をして、弁護士の助言によって
どのような対策を行うべきなのかを検討し、借金をしている業者の
一本化や利息制限法の上限金利まで利息を下げる
という対策を行うことです。

 

 

 

任意整理は別名債務整理とも言われているのですが、債務整理という
のはこの任意整理と自己破産を一緒にした呼び方になっています。

 

 

 

特定調停と任意整理の大きな違いは、任意整理はあくまで弁護士が
主導なのに対して、特定調停は本人が主導になります。

 

 

そのため、費用も特定調停の方がかなり安くて済むのですが、
不利な面もたくさん存在しているのです。

 

 

 

例えば任意整理を行った場合、過払い金もしっかりと取り戻すことができる
のに対して、特定調停では過払い金を取り戻すことはできません。

 

 

 

和解や調停が成立する可能性も、圧倒的に任意整理の方が高くなっています。
このように特定調停にも任意整理にも、一長一短が存在しているので、自分の
置かれている状況をしっかりと理解した上でどちらにするのか選択しましょう。

 

任意整理について、メリットとデメリットはをこちらです。
>>>任意整理のメリットとデメリットってありますか?

 

 

 

>>>借金問題を解消するためにまず自分で出来る対策・すべきこと

 

借金の解決を無料診断するならココ

 

匿名でメール相談できる。しかも無料!
解決実績1万5000件以上

街角法律相談所無料シュミレーター