借金問題,借金,解決

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

借金問題に時効などは存在するのか?

借金問題,時効

 

借金の時効

 

借金の問題をインターネットで調べたことがある人であれば、時々
時効があるという内容を目にすることがあると思います。
実際借金に対して時効など存在しているのでしょうか。

 

 

 

実は借金に時効は存在しているのですが、借りた相手によって時効の
期間が異なるということも覚えておかないといけません。

 

借りた相手によって違う時効

 

消費者金融などの貸金業者からお金を借りた場合には、5年で時効になる
のですが、信用金庫から借りた場合には10年になります。

 

 

 

また、銀行から借りた場合には5年になるのですが、これでは
5年になる理由と10年になる理由が全く分かりません。

 

 

 

そこで簡単に説明させていただくと、会社から借りた場合には5年で時効となり、
個人から借りた場合には10年になる
と考えておけばよいでしょう。

 

 

 

それだと消費者金融や銀行が5年で時効というのはわかるけれど、何で信用金庫
から借りると時効が10年になるのかという疑問が出てきます。

 

借金問題,時効

 

信用金庫の場合には、営利目的でお金を貸しているわけではないので、
お金を貸す会社ではないことから10年になっているのです。
実際昭和63年の10月に行われた裁判で、
このような判決が下されています。

 

 

 

ただし、信用金庫から借りても営業目的とみなされる場合があるので、
このような場合には5年になるというややこしい部分もあります。

 

 

 

ちなみに友人や知人からお金を借りた場合にも時効が存在していて、
この場合には個人から借りているので、時効は10年となります。

 

 

人によっては時効まで逃げ切ろうと考える場合もあるでしょうが、この間に訴えを
起こされてしまった場合には、その場で時効は無効になる
ということも覚えておきましょう。

 

 

 

>>>借金問題に良く聞く法テラスとは?

 

借金の解決を無料診断するならココ

 

匿名でメール相談できる。しかも無料!
解決実績1万5000件以上

街角法律相談所無料シュミレーター