借金問題 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

任意整理 破産とはどう違うのか?

 

債務整理の方法の1つに任意整理があります。

 

任意整理と自己破産はどう違うのか、実は大きな違いがあるので注意しましょう。

 

任意整理とは?

 

任意整理を知る前にまずは自己破産について確認しておきましょう。

 

自己破産は裁判所に認められれば基本的に借金がすべて帳消しになります

 

一部の財産は差し押さえられますが同時に借金も完全に消滅して返済する必要がなくなるのが最大の特徴です。

 

一方で任意整理は借金が帳消しになることはありません

 

債務者と債権者、つまりお金を借りた側と貸した側が話し合うことで借金を減額したり、毎月の返済額や返済期間を変更したりします。

 

条件を変えて返済を続けるのが任意整理なのです。

 

そのため借金がなくなる自己破産とはまったく別な手段と言っていいでしょう。

 

あくまでも完済を目指すための手段が任意整理です。

 

また、任意整理をすると利息はすべてカットが原則です。

 

元金だけを返済すればよくなることで返済負担が大きく減少し、無理なく完済を目指せるのが任意整理のメリットでしょう。

 

借金が残るのか、それともなくなるのか、これが任意整理と自己破産の最大の違いです。

 

 

 

任意整理と自己破産、どちらがいいのか

 

返済が不能になって債務整理をする場合、任意整理をするのか自己破産をするのかがポイントになってきます。

 

自己破産は先程も紹介したように認められれば借金が帳消しになるので返済のことだけを考えるなら良い方法です。

 

しかし一定の財産は差し押さえられてしまいますので生活も大きく変化します。

 

たとえば自宅や車は差し押さえの対象になりますからこれらを失って生活が著しく不便になることも考えられます。

 

仕事にも悪影響が出るかもしれません。

 

任意整理の条件は変わるものの返済は続きます。

 

しかし財産の差し押さえはないので生活が変わることはありません。

 

あくまでも返済の状態を変える、そのことで返済しやすくするのが目的です。

 

仕事をしていて安定した収入があるなら任意整理を選んで返済を続ける方を選ぶのが多いのも自己破産のリスクが大きいからです。

 

やはり財産を失ってしまうのはかなりの痛手でしょう。

 

どちらも借金問題を解決できる方法という意味では同じですが、このように実際の中身は大きな違いがあります。

 

どちらを選べばいいかわからない方は弁護士や司法書士といった専門家にも相談しながらベストな方法を見つけましょう。

 

どちらもメリットとデメリットがあり、人によってどちらが最適かは違うので自分の状況を踏まえて正しい判断を下すのが大切です。

 

 

任意整理のメリットとデメリット

 

匿名でメール相談できる。しかも無料!
解決実績1万5000件以上

街角法律相談所無料シュミレーター