借金問題 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

債務整理すると、住宅ローンはどうなる?

 

債務整理をするにあたって、住宅ローンはどうなるのか?

 

家は残したい!そんな声をよく耳にします。

 

こういった問題に関しては、債務整理の方法によって変わってきます。

 

まず、全ての不動産を失うことになる自己破産に関しては、住宅自体を手放す事になります。

 

よって、その時点で放棄となり、これまで支払ったローンの金額も当然返ってきません。

 

 

 

 

一方、個人再生や任意整理の場合は、住宅ローンをそのまま継続する事が可能です

 

ただ、借金で首が回らない状態という事は、当然ローンも支払えない状態にある事が予想されます。

 

しかし、債務整理において住宅ローンを減額させる事はできません

 

ただし、減額ではなくプランの見直しはできます

 

支払い期間を長くする事で、月々の支払いを抑える事ができるのです。

 

通常、任意整理や個人再生を行う場合は、その際にまとめて住宅ローンの見直しも行います。

 

ローンの金額をまとめない事には、再生計画が立てられないからです。

 

特に個人再生には、住宅資金特別条項という制度があり、これを利用すると住宅ローンだけはそのまま支払って他の借金だけを減額することが可能です。

 

個人再生を利用した場合であっても、この住宅資金特別条項を利用すれば住宅ローンに影響を与えることなく、そのまま自宅に住み続けることが可能です。

 

(ただし、もし住宅資金特別条項をつけなければ、住宅は競売にかかって自宅を失うことになります。)

 

なので、家を残したい方は、個人再生や任意整理の方がいいのです。

 

 

 

今すぐ取り立てを止めたいなら、法律事務所に相談しましょう

 

ご自身の借金が債務整理可能かどうか知りたい場合は法律相談無料シュミレーターが便利です。

 

誰にも知られず匿名で法律の専門家に相談できます

 

  • 借金がどれくらい減るのか匿名・無料で診断
  • 解決実績1万5,000件以上

                                                 街角法律相談所無料シュミレーター

 

 

初期費用ゼロ円、弁護士費用は分割にも対応しています。

 

手元にお金が無くても依頼が可能です

 

  • 月600件以上の相談実績
  • 24時間 借金に関する無料相談

                          司法書士法人杉山事務所 相談申込みプロモーション

 

 

 

 

借金の解決を無料診断するならココ

匿名でメール相談できる。しかも無料!
解決実績1万5000件以上

街角法律相談所無料シュミレーター