借金問題 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

ギャンブルで借金300万負けてしまい、返済できない

 

ギャンブルで負けて借金をするというのは、ある意味では王道だと言えます。

 

勿論、勝つこともあるでしょうが、負けることの方が多く、そこに気づかない人も多いのです

 

結果、借金を300万円も負ってしまい、返済できないというのも珍しくありません。

 

しかし、返済できないからと言って、その借金を放置してしまいますと、利息はどんどん膨らんでいきますし、金融機関としても取立てを行うでしょう。

 

法改正により、以前のような厳しい取立てができなくなってはいますが、取立てなくなったワケではありません。

 

最悪のケースでは裁判所に訴えられてしまい、給料や財産を差押される可能性もあります。

 

 

返済が難しいとき、どうすればいい

 

そこで借金を返済できなくなった時にはどうすれば良いのか考えてみましょう。

 

1つの方法に債務整理というものがあります。

 

債務整理の中で最も有名なのが自己破産で、これは借金をなしにする制度です。

 

しかし、ギャンブルが原因の借金は免責事項といって、自己破産ではなかったことにできません

 

そこで他の方法で債務整理をすると良いでしょう。

 

他の債務整理としては任意整理特定調停個人再生があります。

 

原則として個人でも手続きは可能ですが、弁護士や司法書士など専門家に依頼をするのが一般的です。

 

万が一に訴訟になったとしても弁護士がついてくれているのであれば、そのまま裁判に移行するのも難しくないでしょう。

 

ちなみにですが、いきなり弁護士に頼むのは敷居が高いと感じる人も多いはずです。

 

そうした場合は無料で借金の悩みを相談できるサイトがありますので、利用してみることをオススメします

 

相談については無料で行ってくれるので、余計なお金をかける必要がありません。

 

借金の悩みはなかなか他人には話せませんので、そうした専門家に相談することが重要なのです。

 

ただし、債務整理をした場合は、一定の年数新しく借金をすることができないのも覚えておきましょう

 

 

 

ギャンブルというのは、次こそ勝てると思ってしまうものです(気持ちは十分なほどわかります)。

 

一度でも勝ったことがある経験があれば、その成功体験を信じて、お金を際限なくつぎ込んでしまいます。

 

理性では分かっていても、それを止めることができない依存症のような状態になることも多いので、借金を繰り返さないためにもすっぱりと断ち切ることが大切です。

 

債務整理後は先程もお伝えしたように借金を新しくすることが難しくなりますので、ヤミ金などに手をだす人も多いのです。

 

結果、とんでもない額の利息を請求されたりするケースは珍しくないので、十分に気をつけてください。

 

 

>>>保証人と連帯保証人では違いはあるのか?

 

借金の解決を無料診断するならココ

 

匿名でメール相談できる。しかも無料!
解決実績1万5000件以上

街角法律相談所無料シュミレーター