借金問題 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

任意整理の流れ

 

債務整理の中でも最も一般的なのが任意整理です。

 

他の債務整理とは違い、裁判所を通すことなく行われる方法だけに第三者にバレるリスクが低いですし、圧縮する借金を選択できるのがポイントでしょう。

 

しかし、実際に任意整理をするにしても、やはりどのような流れで話が進んでいくのかを知らなければ不安に思う人も多いはずです。

 

では、具体的に任意整理の流れを確認していきましょう。

 

 

法律事務所へ相談することから始めましょう

 

任意整理だけではなく、債務整理は個人でも申立ができるのですが、法的な知識が必要となるなど、素人では手に負えない部分も多いのが事実です。

 

そこで一般的には弁護士や司法書士の人に依頼をする形をとっています。

 

ですので、最初に行うのは法律事務所に相談することからです

 

多くの法律事務所では借金問題の相談については無料で行っていることが多く、相談だけであればお金もかかりません。

 

この時にどこの金融機関からいくらお金を借りているのか、などがハッキリと分かるようにしておくとスムーズに話が進みます。

 

ただし、法律事務所によって報酬やその支払い方法などが異なりますので、自分にあったところで依頼するようにしてください。

 

 

正式に委任の手続きをすませる

 

法律事務所が決まれば、正式に委任の手続きを行います。

 

その手続が終われば、弁護士か司法書士代理人として就任した旨を債権者に対して知らせることになり、これを受任通知と言います。

 

受任通知が債権者に到着した段階で、一時的に借金への督促や取立てがストップしますので、返済をしなくても良くなるのです

 

ただし、弁済原資金といって任意整理が決まった時の頭金などにするために、返済する分のお金を積み立てしておくことになります。

 

これと同時に弁護士や司法書士は金融機関に対して借入と支払状況を示す履歴表を求め、この履歴を基にして引き直し計算などを行っていくのです。

 

一部の金融機関では取引履歴を開示しないこともあるそうですが、開示請求の手続をとれば、相手も開示せざるを得なくなります。

 

利息制限法に則した金利でない場合は、引き直し計算によって過払い金が請求できる可能性も出てくるかもしれません。

 

いずれにしても引き直し計算が終わった段階で正確な借金の総額がわかりますので、各金融機関と返済できる程度に借金を圧縮して欲しいと交渉していくことになるのですが、すべて弁護士任せ大丈夫です。

 

一般的に任意整理の場合ですと、36ヶ月を目処にした分割払いで支払できる範囲の借金額にし、金利のカットなどを要求します。

 

各金融機関との交渉が終われば、そこで和解書を作成し、そこで記載された通りに支払を行ってください。

 

これで任意整理の手続は終了です。

 

 

>>>ギャンブルで借金300万負けてしまい、返済できない

 

過払い金に関する記事はコチラ
>>>過払い金の返還請求をするために知っておきたい基礎知識

 

借金の解決を無料診断するならココ

 

匿名でメール相談できる。しかも無料!
解決実績1万5000件以上

街角法律相談所無料シュミレーター