借金問題 解消

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

奨学金を返済できない時はどうすればいいのか?

 

大学などで学びたい場合、経済的状況により奨学金を借りてまで学びたい方がいます。

 

しかし、日本では現状、返済義務のない給付型の奨学金というのはごくまれで、ほとんどが奨学金という名の学資ローンになっています。

 

もっとも一般的な日本学生支援機構の奨学金の場合、利子がかからない第一種奨学金と、利息が付く第二種奨学金があります。

 

例えば、大学院までの借入金額が800万円の場合、0.5%の金利では総返済金額は約842万円。

 

卒業後に20年かけて月3万4200円の返済を続けていくことになります。

 

上限となる年利3%の場合には、総返済額は1000万円を超え、月返済額4万3000円が20年続きます。

 

奨学金を借りるということは、社会に出た時点で、数百万円の借金を背負っているのと同じことなのです

 

日本学生支援機構の奨学金は、一般の金融機関からの借り入れと比較して低金利ですが、卒業後に返済を延滞した場合は、年率10%のペナルティが課されます。(場合によっては、5%のペナルティになり
ます。)

 

さらに長期間延滞した場合、法的な処置が取られ、給与の差し押さえなどが発生することもあります。

 

奨学金も借金ですので、こうして返済が滞ると、いわゆる「ブラックリスト」に載ることになります。

 

 

 

自己破産を避けるためにどうすればいいのか?

 

返済を延滞する前に、返済期限猶予といった制度があるかどうか調べ、それを申請しましょう。

 

日本学生支援機構の場合は、返済期限猶予制度があります。

 

公式ページはこちらです。

 

日本学生支援機構の返済期限猶予制度の場合だと、一定の条件を満たす場合、最長で12ヶ月の猶予期限を受けることができます。

 

 

 

どうしても返済ができない場合は、個人再生を検討

 

上記のように日本学生支援機構でもいくつかの救済措置が用意されていますが、制度を利用しても、借金元本そのものを減額したり、白久を免除してくれるものではありません。

 

将来的に返済が難しい場合は、債務整理を検討する必要があります。

 

その中で、自己破産より個人再生の方がいいと思います。

 

個人再生は(住宅ローン以外の)借金総額を最大で1/5まで圧縮できるからです

 

例えば奨学金の借金が現在300万円を残っていた場合、個人再生の手続きを適用されることで、100万円まで減額することができます。

 

個人再生を適用した場合には、利息がつかないので、5年間で完済する場合には1.6万円の支払いで済みます。

 

もちろん個人再生のデメリットがないわけがありませんが、自己破産に比べれば、法律上の制限が少なくなります。

 

一定の収入があり、法律上の破産をしたく人は個人再生を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

>>>過払い金に時効はある?

 

借金の解決を無料診断するならココ

 

匿名でメール相談できる。しかも無料!
解決実績1万5000件以上

街角法律相談所無料シュミレーター