借金問題 解消

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

保証人と連帯保証人では違いはあるのか?


「借金者じゃない人にも取り立てはあるのか?実際の出来事について」

 

連帯保証人について解説しましたが、(普通)保証人と連帯保証人では違いがあるのかといった疑問に対して、解説します。

 

実はその違いは3つあります。

 

 

 

連帯保証人には、催告の抗弁権がない

例えば、債権者が債務者から請求せずに、いきなり保証人のあなたに対して債務を請求してきました。

 

債権者に「あなたの友人に貸したお金を全額返済してほしい」と言われたとします。

 

この時、保証人のあなたは「借金をした本人から請求して下さい」と言うことができます。

 

これを法律では「催告の抗弁権」といいます。

 

 

(普通)保証人では、催告の抗弁権がありますが、連帯保証人にはありません。

 

つまり債権者は、主たる債務者でも連帯保証人でも好きなほうに請求することができます

 

 

 

連帯保証人には、検索の抗弁権がない

主たる債務者に返済する財産などがあるにもかかわらず、連帯保証人から先に請求されたとしても、連帯保証人は、主たる債務者には弁済する資力があるから、まず主たる債務者から請求するように要求する権利がありません。

 

債権者の請求に反論できない、ということです。

 

(普通)保証人には、検索の抗弁権はあります。

 

 

 

連帯保証人には、分別の利益がない

 

通常、保証人が複数名いるときは頭数で按分した金額しか保証しないのが当然ですが、連帯保証人は一人ひとりが主たる債務の全額を保証しなければなりません。

 

例えば、主たる債務者が100万円を借りて、保証人が4人いた場合

 

分別の利益「あり」 ・・・ 保証人1人当たり25万円まで保証する
分別の利益「なし」 ・・・ 4人の保証人はそれぞれ100万円まで保証する

 

 

連帯保証人への取立てを止めるには

 

連帯保証人は、主債務者と一緒に任意整理するのが一番でしょう。

 

任意すれば、連帯保証人に直接請求することができなくなりますので、取立ては自然とやむでしょう。

 

借金の解消を無料診断するならココ

 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター