借金問題 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

過払い金を請求すると、クレジットカードが使えないの?

 

 

過払い金請求した場合その後にクレジットカードを使えるかどうか、これは気になる部分でしょう。

 

あまり知られていないことですが詳しく見ていきます。

 

 

 

過払い金請求とクレジットカードの関係

 

まず、過払い金請求とは払い過ぎた利息を返還してもらうことです。

 

そもそも不要な利息を支払っていた形ですからいわゆる債務整理とはまったく別な手続きに該当します。

 

債務整理は返済ができなくなった時に行うものですが過払い金請求は完済後でもできますし、こちらに非はありません

 

債務整理とは違う、実はこれが大きなポイントです。

 

債務整理の場合、借金が返済できなくなったという責任がこちらにもあり、そのためブラックリスト入りとなってしばらくは新たに借り入れができなくなります。

 

しかし過払い金請求は債務整理ではないので問題ありません。

 

つまり過払い金請求をした後でもクレジットカードを作る、使うことは可能なのです。

 

(債務整理もしている場合は、クレジットカードの使用はできない場合もありますので、その辺は弁護士さんに確認を取ってください。

 

あくまでも過払い金のみを請求している場合に限ります。)

 

ただし注意点が1つ、過払い金請求した会社のクレジットカードはもう使えなくなるということです。

 

過払い金請求をした時点でその会社のクレジットカードは解約扱いになってしまうからです。

 

解約後に新たにその会社のクレジットカードを契約することができるかどうか、これは会社の審査の結果次第です。

 

いずれにしても過払い金請求が成立した時点で関連のクレジットカードだけは使えなくなる、これは覚えておいた方がいいでしょう。

 

 

 

過払い金請求するべきかどうか

 

クレジットカードが使えなくなることを考慮すると過払い金請求するべきかどうかも迷ってしまうかもしれません。

 

この判断はたしかに難しい部分ですが過払い金請求をすれば払う必要のない利息が戻ってくる、他社のクレジットカードはそのまま使い続けられることを考えると過払い金請求のメリットは大きいのではないでしょうか

 

他社のクレジットカードを作るつもりはないというなら話は変わってきますがそうでないなら過払い金請求するという選択も悪くありません。

 

借金の総額や返済期間によっては数十万円、数百万円の過払い金が発生しているケースもありますからやはり過払い金請求はすべきでしょう。

 

また、過払い金請求には時効があり時効までは10年なのでいつまでも請求できるわけでもありません。

 

自分の現在の状況も考えながらどうするのがベストなのかを考えましょう。

 

弁護士や司法書士に相談して過払い金がいくらくらいありそうか、過払い金請求するべきかどうかを相談するのもおすすめです。

 

 

 

匿名でメール相談できる。しかも無料!
解決実績1万5000件以上

街角法律相談所無料シュミレーター