借金問題 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

自己破産に必要な免責について

 

 

自己破産は必ず認められるわけではありません。

 

以外に知られてないかもしれません。

 

裁判所が自己破産を許可する、いわゆる免責が必要です

 

普段聞き慣れない言葉ですが免責とはなんでしょう。

 

 

 

自己破産と免責

 

自己破産が認められれば一部の財産を差し押さえて返済に充て、残りの借金はすべて帳消しになります。

 

財産を失う可能性があるとはいえ借金が帳消しになるのは自己破産の大きなメリットでしょう。

 

もし自己破産が本人の申し立てで自由に認められれば誰も借金を返さなくなるかもしれません。

 

そこで自己破産するためには裁判所にそれを認めてもらう必要があり、その時重要になってくるのが免責という言葉です。

 

免責とはつまり自己破産を認めるための理由のようなもので、裁判所が免責を認めることで初めて自己破産が成立します

 

一般的に自己破産する場合というのは借金の返済が不可能になり、著しく経済的に厳しい状況に置かれています。

 

これは自己破産を申し立てる立派な理由になり、裁判所も基本的に免責を認めるケースがほとんどです。

 

現在の経済状況ではどうしても返済ができず、このままではどうにもならないのですから当然と言えば当然かもしれません。

 

ただ、借金をした理由、自己破産をしようとした理由などによっては免責が認められず自己破産できない可能性もあります。

 

免責とは何かを知ると同時に、どういった場合は免責が認められないかもおさえておきたいところです。

 

 

 

免責が認められないケース

 

自己破産は免責不許可事由という特殊な事由があると免責を認めてもらえません。

 

たとえば借金の大半がギャンブルや娯楽のために借りたお金であり、最初からこうしたことに使うために多額の借金をしていた場合は免責不許可事由に該当します

 

簡単に言えば返済不能になったのは自業自得ですよといった感じでしょうか。

 

さすがにギャンブルで作った借金は帳消しにできないわけです

 

この他にも所有している財産を隠したり、意図的に破壊するなどして価値を下げた場合なども免責不許可事由に該当します。

 

要は借金をした理由や返済できない理由が悪質だったり故意だと判断されると免責不許可事由に該当する可能性があります。

 

こうなれば自己破産はできず、借金も自力で返済するか別な方法で債務整理することになります。

 

自己破産が認められる、つまり免責が認められるかは各裁判所の判断によっても変わるので一概には言えませんが免責不許可事由があると自己破産もできないということは覚えておきましょう。

 

 

 

 

匿名でメール相談できる。しかも無料!
解決実績1万5000件以上

街角法律相談所無料シュミレーター