借金問題 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

自己破産後、生命保険の取り扱い

 

あまり知られていませんが自己破産と生命保険には関係があります。

 

場合によっては生命保険を解約しないといけません

 

では自己破産における生命保険の扱いはどうなっているのかを確認しましょう。

 

 

自己破産前に契約した生命保険

 

自己破産をすると一定額を超える財産は基本的に差し押さえられて失ってしまいます。

 

一定額とは時価で20万円を超える場合です。

 

生命保険の場合にどう考えるかというと、解約払戻金が20万円を超えるかがポイントになってきます

 

もし解約払戻金が20万円を超えるならそれも差し押さえ対象の財産に該当すると判断され、解約させられる可能性があります。

 

逆に解約払戻金が20万円に満たない場合は差し押さえ対象から外れそのまま契約を続けることが可能です。

 

解約払戻金がいくらになるかが判断基準になるわけです。

 

生命保険まで財産として扱うことに疑問を感じるかもしれませんがこれは法律で決まっていることなので仕方ありません

 

解約払戻金が20万円を超えていて、それでもどうしても解約をしたくない場合は解約払戻金を担保にして生命保険会社からお金を借りるという方法が知られています。

 

こうした対応をしてもらえるかは生命保険会社によって違うので確認が必要ですが借り入れによって解約払戻金が20万円未満になれば解約することなく契約を維持できます。

 

ただし借り入れたお金の使い道を裁判所に確認されますので生活費など生きていくうえで必要なことに使うようにしましょう。

 

 

 

自己破産後に契約する生命保険

 

自己破産で差し押さえられる財産は自己破産前から所有していたものに限ります。

 

そのため自己破産で生命保険を解約することになっても、その後に改めて契約した生命保険は差し押さえの対象外です。

 

これは他の財産でも同様です

 

つまりもし生命保険を解約することになってももう一度契約しなおせばいいわけです。

 

ただ、生命保険の場合は年齢などによって契約できないケースもあるので安心はできません。

 

やはり解約しなくても済むように対処するのが1番でしょう。

 

もちろん年齢や健康状態に問題なく、自分の理想の生命保険にすぐにでも契約できるなら差し押さえされるかどうかはそれほど気にする必要もなく、それよりも借金問題の解決を目指す方が重要です。

 

とはいえ生命保険の扱いについて何も知らないでいるといざ自己破産した時に解約になって困るかもしれないので知識として把握しておきましょう。

 

生命保険も自分が所有する立派な財産の1つなのです

 

 

 

 

匿名でメール相談できる。しかも無料!
解決実績1万5000件以上

街角法律相談所無料シュミレーター