借金問題 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

自己破産後、財産はどうなるのか?

 

自己破産と所有する財産、この2つには密接な関係があります。

 

自己破産すると財産はどうなるのか、しっかり抑えておきましょう。

 

 

 

一部の財産は差し押さえられる

 

自己破産をすると一定以上の財産は差し押さえられてしまいます。

 

他の債務整理では差し押さがないことを考えると厳しい対応に感じられるかもしれません。

 

ただ借金の減額や返済方法を変更する他の債務整理とは違い、自己破産は借金が完全に0になります

 

その代わりとして一部の財産が差し押さえられる形です

 

一部というのはどういうことか、実は自己破産してもすべての財産を失うわけではありません

 

法律では99万円までの現金、20万円以下の財産はそのまま所有しても良いと定められています

 

最低限の財産は確保されるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に99万円を超える現金、20万円を超える財産、たとえば自分の家や車、株式などの資産は差し押さえの対象になります。

 

また、冷蔵庫などの生活家電や生活に欠かせない家具などはたとえ20万円を超える場合でも差し押さえされません。

 

つまり最低限の生活を維持するだけの財産は残し、それ以外のものは差し押さえますよという決まりなのです。

 

それでも財産が差し押さえられてしまうのは嫌なものですが自己破産で借金を帳消しにするわけですから仕方ないことです。

 

 

 

自己破産後に取得した財産は問題ない

 

実はここまでに紹介した差し押さえの対象になる財産はすべて自己破産前に取得したものが対象です。

 

自己破産が確定した後に購入した財産はどんなに高価なものであっても差し押さえられません

 

自己破産後に取得した財産は自己破産とは関係ありませんし問題ないという判断です。

 

自己破産後は経済的に余裕があるとは言えないので高価な財産を入手するのも難しいのでそもそも差し押さえられるような財産を持てるかという話もありますが、持てたとしても心配はありません。

 

このように一部の財産だけを残してあとは差し押さえられると考えると自己破産はデメリットの方が大きいと感じる方もいるでしょう。

 

しかし借金の返済が不可能な以上、解決策として自己破産が有効なのは事実です。

 

どのみち返済が続けば経済的に苦しい状況になるのですから自己破産するべきだと感じたら本格的に検討を進めるのがいいでしょう。

 

弁護士に相談するなどしてベストな対応をしなければいけません。

 

財産を失うのは痛手ですがそれよりも借金問題解決を優先させ、1から出直すくらいの気持ちが必要ではないでしょうか。

 

 

 

>>>任意整理 破産とはどう違うのか?

 

匿名でメール相談できる。しかも無料!
解決実績1万5000件以上

街角法律相談所無料シュミレーター