借金問題 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

自己破産後 銀行口座も閉鎖されるのか

 

自己破産すると銀行口座が閉鎖、凍結されるという話をよく聞きます。

 

これは半分正解、半分不正解といった感じで厳密にはもう少し複雑です。

 

大切なお金を預けている銀行口座の話なので正確に理解しておきましょう。

 

実は借り入れの有無がポイント

 

自己破産した時に銀行口座が閉鎖されるかどうか、これはその銀行から借り入れがあるかどうかが重要です。

 

たとえばA銀行からお金を借りていて同時に預金もしていたとします。

 

一方でB銀行にはお金を借りておらず預金だけしている状態としましょう。

 

この状態で自己破産するとA銀行の銀行口座は閉鎖される可能性があり、B銀行の銀行口座は閉鎖されません

 

なぜ借り入れの有無で違いがあるのか、それはA銀行が債権者に該当するからです

 

お金を貸している以上、A銀行はなんとかそのお金を回収しようとします。

 

しかし自己破産が認められれば基本的に借金は帳消しになってしまいます。

 

そこですぐに銀行口座を閉鎖して預金を確保、つまり借金の返済に充てようとするのです。

 

そして残りの借金を正式な債務として扱い、その分だけが帳消しになるわけです。

 

B銀行はそもそも債権者ではありませんから自己破産とは関係がなく、閉鎖されることもないという仕組みです。

 

銀行口座が閉鎖されてしまうともうどうしようもないので自己破産をする時には事前に預金をすべて引き出しておくなど対策が求められます。

 

自己破産というと借金のことばかり考えてしまいますが預金についてもすぐに対応しないといけません。

 

 

口座開設は問題なし

 

自己破産するとその後の口座開設もできないと考えている方が多いようですがそれは間違いです。

 

自己破産後の口座開設は自由にできるので特に問題ありません。

 

事前に引き出しておいた現金を自己破産後に新規口座を開設しそこに移すといったことも可能です。

 

自己破産の前後は預金も含めてお金の管理が非常にシビアになりますので管理用として新規口座を開設するのも良い方法でしょう。

 

問題になるのはあくまでも借り入れのある銀行の、すでに開設してある口座だけです。

 

もちろん銀行からの借り入れは一切なく、消費者金融からのみ借り入れている場合は銀行の口座について考える必要もありません。

 

今まで通り開設してあった口座にお金を預けておいてかまいません。

 

銀行からの借り入れを忘れていた、なんてことはないと思いますが自己破産を決断したらどこからお金を借りているのか、口座の扱いをどうするべきかを念のため確認しておきましょう。

 

 

 

匿名でメール相談できる。しかも無料!
解決実績1万5000件以上

街角法律相談所無料シュミレーター