借金問題 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

自己破産後 クレジットカードは作れるのか

 

借金の返済がどうしても不可能な場合、借金を解決する方法として、自己破産する選択肢があります。

 

自己破産すれば借金は解消されますがその後にクレジットカードを新規で作ることはできるのでしょうか。

 

これについて解説します。

 

 

 

自己破産とクレジットカード

 

自己破産は債務整理の1つで、裁判所に免責が認められれば今ある借金はすべて帳消しになります。

 

資産がある場合は差し押さえられてしまうなどデメリットもありますが借金で悩む人にとっては最後の解決策です。

 

ただ、自己破産をはじめとした債務整理をするとブラックリストに登録されます。

 

信用情報機関というところにこの人は過去に借金が返済できなくなって自己破産しましたという情報が載るのです。

 

クレジットカードもある意味で借金です。

 

過去に返済不能になった人にクレジットカードを作るのはカード会社としても大きなリスクを背負うことになり、ブラックリストに登録されている間はクレジットカードを作ることもできません。

 

まず間違いなく申込み後の審査で落ちてしまいます。

 

とはいえブラックリストは一生登録され続けるわけじゃありません。

 

一般的には5年から10年の間で、自己破産から遅くても10年ほどすればブラックリスト登録は解除されます。

 

解除された後は審査に通りさえすればまたクレジットカードを作り使えるようになります。

 

そのため一時的にクレジットカードが作れなくなると考えるのが正確です。

 

将来的にはまた作ることができるのでクレジットカードが作れないからと自己破産をあきらめる必要はないのです。

 

 

 

自己破産という選択

 

このように自己破産は借金が帳消しになると同時にしばらくはクレジットカードを作ったり借金したりできなくなります。

 

それ相応のリスクも背負わないといけないのです。

 

 

ただ、今ある借金が返済できないのなら自己破産も含めて債務整理を検討するべきでしょう。

 

なにせ返済が滞っている状態でもクレジットカードは作れませんし、経済的にも非常に厳しい状態が続いてしまいます。

 

それならクレジットカードが作れなくなるとしてもまずは自己破産して借金問題を解決させるのが先決ではないでしょうか。

 

自己破産にあたっては弁護士や司法書士に相談して依頼することになりますから、その時に自己破産すべきかどうかを相談するのもいいでしょう。

 

いずれにしてもクレジットカードのことを気にして自己破産しないのはあまり良い考え方ではありません。

 

目の前の借金問題をどうするか、まずはこれを考えないといけません。

 

 

 

匿名でメール相談できる。しかも無料!
解決実績1万5000件以上

街角法律相談所無料シュミレーター