借金問題 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

債務整理後の債務整理後のローンや借り入れについて

 

借金の返済ができなくなって債務整理をした場合、過去の借金問題はそれで解決となります。

 

しかし、債務整理した後にまた借金をしたくなった場合はどうなるのでしょうか。

 

非常に気になるところですがあまり知られていない部分です。

 

 

 

債務整理後のローンや借り入れについて

 

債務整理は返済不能になった借金を減額したり、完全に帳消しにする方法です。

 

借金問題解決における最終手段とも言えるでしょうか。

 

返済できない借金が減ったり無くなったりするのですから非常にありがたい制度なのですがメリットもあればデメリットもあります。

 

そのデメリットというのが新たなローンや借り入れが一定期間できなくなるという点です

 

債務整理をするとブラックリストと呼ばれる特殊な状態に該当することになり、ブラックリストになっている間はお金を借りることができません。

 

消費者金融からの借り入れはもちろん、車や住宅のローンを組むこともできませんし、携帯電話の本体代金を分割払いすることもできません。

 

過去に借金の返済ができていないためお金を貸す側としてもリスクが大きいという判断です。

 

そのため債務整理をすると借金問題を解決できるものの、その後しばらくはお金を借りることができないという問題も生じます。

 

特に大きな買い物は現金での支払いが難しいですから不自由な思いをする可能性があります。

 

返済ができない以上、債務整理することはとても大切なのですがその後についても考えておきましょう。

 

 

 

いつになったら借りられる?

 

債務整理後にお金を借りられないのはブラックリストになっている間だけです。

 

じゃあいつまでブラックリストなのか、これが大きなポイントになってきます。

 

ブラックリストの期間は厳密に決められているわけではないのですが、一般的には5年から10年ほどと言われています

 

最短でも5年は新たにローンや借り入れできないわけです

 

ブラックリストかどうかの情報は信用情報機関というところに掲載されていて、自分で情報を照会することも可能です。

 

自分がブラックリストかどうかはいつでも調べられますので債務整理から5年ほど経過したらチェックしてみるのがいいでしょう。

 

もしブラックリストじゃなくなっていればローンや借り入れも可能です。

 

一度債務整理をしたらもう二度とローンや借り入れができないわけではなく、一定期間だけできなくなります。

 

とはいえ今現在借金の返済が苦しい場合は債務整理をするべきでしょう。

 

返済が滞っている間は結局借り入れできませんし、まずは債務整理で今ある借金を解消することが最優先です。

 

 

>>>自己破産による家族の影響

 

借金の解消を無料診断するならココ

 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター