借金問題 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

滞納している税金と債務整理

 

借金ではなく税金の支払いに悩んでいるという方も少なくありません。

 

借金の場合は債務整理という手段もありますが税金において債務整理することは可能なのでしょうか。

 

 

 

税金と債務整理

 

結論から言ってしまうと滞納している税金を債務整理で減額したりはできません

 

債務整理は借金だけが対象になる制度なのです

 

つまり税金が払えないからといって自己破産したり、任意整理をしたりすることは一切できない形です。

 

非常に厳しい対応に思えるかもしれませんが税金はどんな状況であれば支払う義務があり、法的な手段を利用して解決を目指すのは難しいと考えておきましょう。

 

これは税金の種類に関係なく決められていることなので住民税であれなんであれ同じです。

 

支払いが不可能になってからなんとかしようとしても難しいので税金に関してはある意味で借金以上に計画的な支払いが求められます。

 

国は金融機関よりも厳しい、そう考えるべきでしょう。

 

そもそも債務整理の債務とは借金のことです。

 

じゃあ税金が借金かというとそうではありません。

 

債務整理はあくまでも返済できなくなった借金を整理するものですから借金ではない税金ははじめから対象外です。

 

たしかに税金も支払えなくなることがあり、その時に債務整理できればとても助かるのですがそれはできないことなので別な方法で解決を目指すことになります。

 

 

 

とにかく相談を

 

債務整理ができない以上、税金は支払うしかないのですがどうしても支払えないこともあるはずです。

 

こんな時はすぐに市役所などに相談しましょう

 

税金の支払いを放置していると借金と同じように督促状が届くようになり、それを放置していると最終的には給与や預金の差し押さえなどで強制的に支払いさせられます。

 

現金が差し押さえられるならまだしも、現金がない場合は資産を差し押さえられることもあり非常に厄介です。

 

こうなる前に対応しないといけませんが支払いができない時はとにかく相談しておきましょう。

 

税金を分割払いにしてもらえたり、支払いまでの期日を延長してくれたりします。

 

国や自治体も支払えないと悩んでいる人にいきなり差し押さえはしません。

 

差し押さえは督促などを無視する悪質と判断される人にだけ行われる対応なのです。

 

そのため税金の支払いが難しい時はすぐにでも相談し、今後について話し合いましょう。

 

この話し合いが債務整理の代わりとも言えるかもしれません。

 

その結果として分割払いになったり支払期日が延期されればこちらとしても楽になるので借金とは違い税金は早期の相談が鍵になります。

 

 

借金の解消を無料診断するならココ

 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター