借金問題とブラックリスト

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

自分の名がブラックリストに載っているかどうか確認する方法ってありますか?

 

クレジットカードやキャッシングなどの審査で受けても通らない、という場合はブラックリスト入りしている可能性があります。

 

では、ブラックリストに自分の名前が載っているのか確認する方法があるのでしょうか。

 

事前に確認しておけば、仮に審査に落ちたとしても他に原因があると分かりますので、知っておいて損はありません。

 

ブラックリストの意味とその確認方法

 

まずはブラックリストの意味から知っておきましょう。

 

そもそもブラックリストというものは存在しません。

 

では、なにがブラックリストに該当するのかと言うと、個人信用情報機関になります。

 

個人信用情報機関とは各金融機関が出資をして、情報を管理するために作った会社のことで、申込をする時には必ず加入する旨が規約として書かれています。

 

現在、日本では個人信用情報機関があり、クレジットカードや信販会社が主に利用するCIC、消費者金融や信販会社のJICC、銀行系の全国銀行個人信用情報センターの3つが代表的な存在です。

 

申込書に記載されている住所氏名年齢などを初めとして勤務先などのデータを収入するだけではなく、返済状況ども随時チェックされると考えてください。

 

この個人信用情報機関に事故情報が掲載されることが、いわゆるブラックリストに入るという意味になります

 

事故情報とは返済の遅延や延滞、債務整理などを行った場合のことで、つまりは返済をきちんと行えなかった場合に記載されると考えてください。

 

ただし、口座引落を利用していて、返済日に残高がたまたま足りなかったなどのケースは、そこまで大きな影響を与えません。

 

ですが、数ヶ月連続で支払に遅れるなどがあれば、影響すると考えてください。

 

 

各金融機関では申込があった場合、この個人信用情報機関の情報を照会して、そこに事故情報が記載されていないかを確認します。
反対にしっかりと返済ができているのなら、評価が高くなるものでもありますので、返済が大事だとされているのです。

 

この個人信用情報機関に自分の名前がブラックリストとして掲載されているのかを知る方法はとても簡単です。

 

それは各個人信用情報機関から情報を取り寄せるだけです

 

 

手続きそのものも難しくありませんので、気になる人は取り寄せをしてみてください。

 

取り寄せをした個人信用情報機関の情報に間違ったものが掲載されている場合は、訂正を求めることもできますので、情報を確認したついでに確認しておくのをオススメします。

 

もともと個人信用情報機関は各金融機関ごとに分かれていたのですが、近年では複数の会社に登録をすることが多いです。

 

ですので、できれば先ほどあげた3つの個人信用情報機関から情報を送付してもらうと良いでしょう。

 

 

任意整理のメリットとデメリット

 

借金の解決を無料診断するならココ

 

匿名でメール相談できる。しかも無料!
解決実績1万5000件以上

街角法律相談所無料シュミレーター