借金問題 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

生活費を見直す必要性について

 

長い人生、借金をしたくなくてもしなくてはいけない時がきます。例えば、車のローンとかですね。

 

その時にいかに返済を上手く行っていくかが重要になるのですが、借金苦で悩んでいるのなら生活費を見直すことも視野に入れてください。

 

ギリギリまで切り詰めて生活をしているけれど、と思う人も多いでしょうが、実は紙に書きだしてみると無駄な部分が見つかったりするものです。

 

また、一人だけで悩まずに家族に打ち明け、家族と一緒に生活費を見直してみると、削減できちゃったということもあります。

 

では、どのように生活費を見なおしていくのか考えてみましょう。

 

 

 

 

固定費を下げる

 

まず最も大きいのは固定費を下げるというものです

 

生活費の中でも必ず支払わないといけないお金はいくつもあります。

 

例えばですが、借家に住んでいるのなら家賃が必要ですし、携帯電話や自動車にかかる維持費などなど多くのことが考えられるでしょう。

 

家賃を下げるには引越しをするのが最も良い方法ですが、ある程度はまとまった資金が必要ですので、借金生活をしている時には難しいかもしれません。

 

しかし、携帯電話などの通信費は工夫によって下げることができます。

 

最近では大手のキャリアですと月に7000円くらいはかかってしまうのが、MVNOなどに切り替えるだけで月に2000円程度まで下げることが可能です。

 

年間に直せば60000円は節約できますので、これを返済に回せるのは大きいでしょう。

 

 

自動車の維持費などにしても自動車保険を見直すことで、保険料を下げることができますので、生活費を見直す時には考えておくと良いです。

 

他にも食費や光熱費などを節約することも、1つの手段だと言えます。

 

ちょっとした工夫でお金は出てくるものですので、色々と考慮してください。

 

 

 

生活費を見直す上での注意点

 

生活費を見直すことの必要性は理解していただけたと思いますが、ここで1つ注意しておく点があります。

 

それは生活費の見直しをするにしても、あまり締めすぎないことです。つまり、あまり切り詰めないでください

 

生活費を見直すことと矛盾するようですが、あまりに厳しく節約をしすぎてしまいますと、精神的にも肉体的にも疲れが出てしまいます。

 

特に借金の返済を行っている場合、いつまで続ければ良いのか、返済が終わったら豪遊しようなどのように意識が別の方に向いてしまうのです。

 

結果、せっかく借金を返済し終わったとしても、また別に借金を重ねてしまったり、ちょっとだけと思いつつも贅沢を繰り返してしまうケースが非常に多いと言えます。

 

ですので、生活費の見直しをするのは良いのですが、自分にとって苦しくなりすぎない程度にとどめるのが大切です。

 

少し生活にゆとりを残しておくことで、借金の返済をしっかりと行える余裕も出てきますので、その点は覚えておくと良いでしょう。

 

結局は自分の収入にあわせて、生活をしていくことが肝要かもしれません。

 

 

 

 

今すぐ取り立てを止めたいなら、法律事務所に相談しましょう

 

ここまでしても、借金を減らない方は法律事務所へ無料相談することをオススメします。

 

ご自身の借金が債務整理可能かどうか知りたい場合は法律相談無料シュミレーターが便利です。

 

誰にも知られず匿名で法律の専門家に相談できます

 

  • 借金がどれくらい減るのか匿名・無料で診断
  • 解決実績1万5,000件以上

                                                 街角法律相談所無料シュミレーター

 

 

初期費用ゼロ円、弁護士費用は分割にも対応しています。

 

手元にお金が無くても依頼が可能です

 

  • 月600件以上の相談実績
  • 24時間 借金に関する無料相談

                          司法書士法人杉山事務所 相談申込みプロモーション

 

 

>>>お金を返し方にもちょっとしたコツが

 

借金の解決を無料診断するならココ

匿名でメール相談できる。しかも無料!
解決実績1万5000件以上

街角法律相談所無料シュミレーター