借金問題 

3つの簡単な質問に答えるだけ!
自分のぴったりの法律事務所を見つけてくれる

街角法律相談所無料シュミレーター

借金で死にたい、その前に

借金の返済ができない悩みは、意外と人間を追い詰めてしまうものです。

 

精神的に圧迫されてしまうと、死にたいと考える人も少なくありません。

 

特に金利の高いところで借金をしてしまうと、利息の支払ばかりで元金を減らすことができず、いつまで経っても借金が減っていかない状況を作ってしまいます。

 

こうなると一生を多額な借金の支払で終えるのかと絶望してもおかしくありません。

 

中には借金返済のためにお金を借りるという本末転倒な話になるケースもあり、死を考えてもおかしくないほどに追い込まれてしまいます。

 

 

死のうとする前に、解決する手段はないだろうか一度考えてみましょう

 

そうした状況を解決できる手段はあるのでしょうか。

 

実は、借金の問題を解決する方法はあります

 

その中でも最も確実なのが債務整理を利用する方法です。

 

債務整理とは借金の減額をしたり、ゼロにしてしまう制度のことで、多くの人が利用していると言って良いでしょう。

 

専門的な知識がなくとも弁護士や司法書士といった専門家に依頼をすることで、確実に行ってもらえますので、借金の悩みから解放されます。

 

特に違法な金利で貸付をしているヤミ金との取引をしているケースであれば、余計に支払ったお金を返済してもらえるのも珍しくありません。

 

 

債務整理の中には上でも触れたように自己破産といって、借金そのものをなかったことにできる制度もあります。

 

例えば会社を経営していたけれど、経営に失敗をしてしまって多額の借金を抱えてしまったなどでは、職をなくした人が返しきれないほどの額になることがあります。

 

ドラマなどではこうした時に死んでお詫びをします、などというシーンが出てくるのですが、自己破産を使えばそうした選択をしなくてもすむのです。

 

日本人は一度失敗をしてしまうと、それでおしまいという考えを持つ人も多いのですが、債務整理は国が失敗をしても大丈夫だと認めているのと同じだと言えます。

 

真面目な性格の人だと、どうしても借金は返済しないといけないと考えが固定化しがちですが、債務整理を利用することで借金の圧縮も可能なので、臨機応変に利用することが重要です。

 

 

 

最近でこそ法改正のおかげで厳しい取立てはなくなりましたが、すべての金融機関で取立てがなくなったワケではありません。

 

借金を返済できなくなれば取立てがあるので、それが余計に追い詰めてしまうことも多いのです。

 

しかし、債務整理を弁護士や司法書士に依頼することで、一時的に取立てをストップさせることができますので、そうした悩みからも解放されるでしょう。

 

最近では無料相談を行っている法律事務所も多いので、追いつめられてしまう前に利用してみてください。

 

>>>弁護士、司法書士の相談に抵抗があるのですが

 

借金の解決を無料診断するならココ

 

匿名でメール相談できる。しかも無料!
解決実績1万5000件以上

街角法律相談所無料シュミレーター